07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
< >
--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.05.04 *Fri*

合宿終了!

一昨日、帰宅しました。

そして、MoMo&Taroも合宿先であったユトリーヌから、同日の夜には帰宅しております。

MoMo&Taroにとっては、初めての長い長いお泊り。
MoMoは、シンガポール、台湾在住中、友達のお宅に1週間~10日くらい
お泊りしたことがありますが、今回は、12日間という長いお泊り。

過去2回(1~2泊)お泊りしたことのあるユトリーヌ。
その2回とも、MoMoもTaroも快適だったようで、ご機嫌で帰ってきましたので
スタッフの方々が優しく世話をしてくださることは確かですが、今回は
日数が長いので、ちょっと心配でした。
でも、MoMoもTaroも元気に帰ってきてくれました。

ユトリーヌでは、ケージでは無く、MoMoとTaroが2ワンで入れて、持ち込みの
ベッドやトイレトレーが置けるサイズのお部屋。
そして、何よりは、1日に3回、ドッグランで遊ばせてくれます。
夜もスタッフさんが常駐なので、安心。
ケージ生活の経験がほとんど無いMoMoにとって、あまりストレスなく過ごせるようです

それでも、やはり、我が家に帰ってきて、ホッとしたのか、晩ゴハンを
食べたら、すぐに寝ちゃいました。
それも、MoMoは、なぜかトイレの前。
そして、Taroはお気に入りの窓際。

MoMo
   「誰もトイレに入れてあげないわん…」    



Taro
    「ココが落ち着くんだ…


元気に帰宅したものの、やはり疲れているのね…

せっかく、苦労の末の戦利品(お土産)あるのに
…と思ったのも束の間、ほんのちょこっと寝たらTaroは、バッテリー充電完了!
さっそく、買ってきた新しいオモチャを見つけ、遊んで~!って
やはり、若いわ~

おフランスの香りただようクマちゃん
    「chama、このクマちゃん、異国のニホイがするよ…」


そして、カフェ好きMoMoへのお土産は、カフェマット。

ティファニー調?
        「これからシャンゼリゼのカフェに行く?」



今回、私とDaは、南イタリアに行ってきました。
ジュリア・ロバーツの映画なら「食べて、祈って、恋をして」ですが、
我が家は、「食べて、飲んで、乗り物乗って」な旅でした(笑)

本当なら、イタリアのペットショップで何かMoMo&Taroのお土産…と
思っていたのですが、南イタリアでは、オシャレなショップも見つからず、
帰りに1泊だけしたパリで苦労の末、見つけたお土産です。

MoMo&Taro土産

カフェマットは、リボンが黒ですが、ティファニー調が可愛いかな~と購入。
遊び好きなTaroには、クマちゃん。


エッフェル塔

エッフェル塔は、もしもペットショップで何も買えなかった時のために
買ったもの。
犬用ではなく、普通の土産物屋さんで購入。

なぜ、苦労の末の戦利品かと言えば、急遽、パリのペットショップを
探し、やっとお店に辿り着いたら、その日、5月1日はメーデー。
行こうと思ったショップ3店、すべて開かず…
諦めかけたギリギリのところで、1店舗だけ午後から開き、やっと手に入れた
お土産なんです


ボクもコレ気に入った
    「コレ、お姉ちゃん専用?ブルーだからボクにも似合うんじゃない?」


どうやら、Taroは、カフェマットも欲しかったみたい(笑)
一緒に使おうね~


そうそう、家に帰ってきてから、いつも金魚のフンのように私に
くっついてるTaroが、ちょっと距離を取っていました。
長いお泊りに疲れてるのか?
そんな風に思いながら、数時間。

寝る直前に思い当たることが…
もしかしたら、ユトリーヌのスタッフさんが2ワンを送り
届けてくださった際、MoMoのことを抱きあげ、
「お帰り、長いお留守番ありがとうね」って。
でも、Taroは撫で撫でしたダケだった

「Taro、ごめんよ~。Taroも抱っこして欲しかったよね。
   Taroも、頑張って合宿したんだもんね。ありがとう
ごめんね
     「そうだよ。ボクだって、すぐに抱っこして欲しかったんだよ…」


愛情込めてギュッと抱っこした途端、いつものストーカーくんに戻った
Taroです。

感受性豊かなMoMoより、単純って思っていたTaroですが、
そんなことなく…

飼主とワンコ。
家に迎えた途端、家族になるわけではなく、年数を経て、徐々に絆が
生まれていくのだと思い知らされます。
MoMoとは、10年以上一緒にいるので、MoMoは、私のたいていの言葉を
理解し、私もMoMoが何を欲してるのか読み取れます。
Taroを迎えて2年。
単純と思っていたけど、ちゃんと感受性が育っていたのですね。


スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List


プロフィール

chama

Author:chama
2005年9月~2009年9月までの
旧ブログ“Walk with MoMo”から
気分を新たに…!?
“Walk with MoMo Part2”を
ヨロシクです。


MoMo(モモ)  / シェルティー
          (10歳・女の子)

Taro(タロ)  / シェルティー
          (2歳・男の子)

chama / こよなくMoMo&Taroを
     愛するお世話役
      
Da / 旧ブログでは
   「お世話係2号さん」と称しており
    ましたが、1号に昇格見込みが
    無いので、改名(笑)













検索フォーム







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



Copyright © Walk with MoMo Part2 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。